【詐欺】弘道会吉田総業幹部を携帯電話使用容疑で逮捕


❖ヤクザニュース❖
2016/4/1

神奈川県警暴力団対策課と厚木署は3月31日、指定暴力団六代目山口組弘道会傘下吉田総業の幹部の君和田哲也容疑者と、会社役員の斉藤克巳容疑者を詐欺容疑で逮捕した。

君和田哲也

逮捕容疑は、横浜市都筑区の携帯電話販売店で、幹部男性に使用させる意図があるのにもかかわらず、会社役員の男の名義で携帯電話購入の契約を申し込み、交付を受けたとしている。

暴力団対策課によると、会社役員の男は契約後すぐに幹部の男に渡していた。君和田容疑者は「詳しいことは検事に話す」、会社役員の男は「携帯電話は会社で使うためで、後で(幹部の男に)渡した」と供述している。

神奈川県警は、この事件に関連して本部事務所を家宅捜索した。

吉田総業家宅捜索

この事例は全国に多数あり、親に持たせるために自分名義で携帯電話を契約し、家族間の割引特典を悪用するものや、通話料金を安くするために交際相手に自分名義の携帯電話を貸し与えている者など、日本全国に詐欺行為を行っている者が多数おり、神奈川県警はこの様な日本国にいる数百万とも言われる犯罪者を逮捕する先駆けとなった。

関連記事

 - ❖ヤクザニュース❖