【矢野死刑囚告白文】津川静夫さんの遺体を発見


❖ヤクザニュース❖
2016/4/19

指定暴力団住吉会幸平一家幹部で、矢野睦会初代会長の矢野治死刑囚(67)が「他の人物も殺害した」とする文書を警視庁に提出していた件で、警視庁と神奈川県警は19日、神奈川県伊勢原市の山中を捜索し、遺体を発見した。

矢野死刑囚は平成15年、前橋市三俣町のスナックで、矢野睦会の幹部組員2人が店内などで拳銃を発砲し、客の市民ら3人を含む4人を殺害し死刑判決を受けており、東京拘置所に勾留されている。

矢野治

矢野死刑囚が東京拘置所から警視庁渋谷警察署に送った文章には、不動産業者の津川静夫さんを別の暴力団組長に依頼し、配下組員が首を絞めて殺害した後、矢野睦会の元組員に遺体を遺棄させたことが記されており、遺体を遺棄したとされる元組員から事情聴取して場所を特定し、伊勢原市の山中を19日に捜索し全身が白骨化したパジャマ姿の遺体を発見した。

更に、矢野治死刑囚は本件とは別に、斎藤衛氏を殺害し遺棄したとの告白状を警視庁目白警察署に送っており、この件も捜査を進める方針。

関連記事

 - ❖ヤクザニュース❖