【厳重警戒】司忍六代目山口組組長が田岡三代目山口組組長の墓参り


❖ヤクザニュース❖
2016/7/23

指定暴力団六代目山口組の篠田建市(通称・司忍)六代目組長らが23日午前、同組歴代組長の墓があり、総本部近くの長峰霊園に姿を見せた。兵庫県警は、同組と対立する指定暴力団神戸山口組との間で抗争状態が続いているため警戒にあたった。

山口組墓参り

田岡一雄三代目組長の命日に合わせた墓参りで、山口組直系組長ら約20人が集まり、司組長を整列して迎えた。午前10時前に乗用車で訪れた司組長は数分で霊園を後にした。周辺で防弾チョッキ姿の捜査員らが警戒したが、大きな混乱はなかった。

司忍墓参り

田岡一雄三代目組長は、1981年(昭和56年)急性心不全により68歳で死去、戒名は永照院仁徳一道義範大居士。

関連記事

 - ❖ヤクザニュース❖