【山浪紛争】浪川会総本部長 梅木一馬容疑者を逮捕


❖ヤクザニュース❖
2016/8/4

福岡博多署などは3日、指定暴力団浪川会の最高幹部で傘下の村上一家総長、梅木一馬容疑者を暴力団の威力を示して集団で福岡市の繁華街で戦闘服を着て中洲を徘徊し威嚇行動をしたとして、福岡県迷惑防止条例違反(粗暴行為の禁止)容疑で逮捕した。

浪川会

逮捕容疑は7月27日午後11時ごろ、配下の組員らとみられる男十数人と福岡市博多区中洲を練り歩き、周囲の通行人らをにらみつけるなど暴力団の威力を示して不安を覚えさせるような行為をしたとしている。

梅木容疑者は中洲の路上で前日の夜、客引きらと一緒にいた六代目山口組伊豆組傘下原田組組員らとトラブルになっている。

トラブルを起こした伊豆組傘下原田組組員白水勇樹容疑者は8月1日に警察に出頭し、障害の疑いで逮捕されている。

伊豆組側は和解を浪川会に対し提案したが、浪川会側が和解提案を受け入れる条件として四代目原田組松本克博組長の片腕を提示する。今回の一件に関して仲裁を申し出た団体があったが、浪川会側は全て断った。警察は和解の可能性が無く、抗争に発展する可能性があるため逮捕に踏み切った。

関連記事

 - ❖ヤクザニュース❖