【抗争勃発か】長野の温泉施設で発砲事件

6日午後0時45分ごろ、長野県飯田市上殿岡のホテル「湯~眠(ゆ-みん)」駐車場で「40代くらいの男性が意識もうろうとなっている」と、女性から119番通報があった。

男性は銃のようなもので撃たれており、病院に搬送されたが、意識不明の状態意識不明の重体だったが、7日朝に死亡した。。長野県警は殺人未遂事件から殺人事件に切り替えた。

通報した人は発砲音を1回聞いて捜したところ、男性が倒れていたという。近くの店で働く男性は「白色の乗用車が信号無視をし、市役所方面に進行する様子を見た」と話している。

飯田市教委は6日、市内28小中学校のうち、上村・南信濃地区を除く25校の保護者らに児童生徒を迎えに来るよう要請。容疑者が逮捕されなければ、7日も児童生徒を送迎するよう呼び掛けた。

050321

現場から凶器は発見されていない。暴力団関係者による事件の可能性もあるとして、関係者から話を聴いている。

CQnVU8_UAAAzjRf

長野県警と飯田署は殺人未遂容疑で緊急配備し、聞き込みをしたり現場周辺の防犯カメラを調べたりして犯行に関与した人物の行方を追っている。

捜査関係者によると、男性は暴力団関係者とみられ、指定暴力団山口組から分裂した新組織神戸山口組傘下の県内の暴力団に最近加入したとの情報があり、確認を急いでいる。山口組分裂が事件の背景になった可能性もあるとみて慎重に調べている。

県警は県内の主要な暴力団事務所に警察官を配置し、警戒を強めている。

撃たれた男性は、長谷川勝也氏(本名長谷川陽一)。暴力団山口組近藤組傘下掛野組を脱退し、神戸山口組山健組傘下竹内組に移籍しようとしていた。

実行犯は掛野組若頭 牧健組組長 牧内健一郎とみられる。

関連記事

 - ❖ヤクザニュース❖