【山健組爆破事件】松葉会理事長 関孝司助川一家総長を逮捕

2010年に当時指定暴力団山口組の参加だった現神戸山口組傘下山健組本部事務所前で起きた爆発事件で、兵庫県警は指定暴力団松葉会理事長の関孝司助川一家総長を爆発物取締罰則違反と建造物損壊の疑いで逮捕した。関容疑者は「何も知りません」と容疑を否認している。

関容疑者は別の暴力団の元組員佐佐木章雄被告(爆発物取締罰則違反罪などで起訴)ら2人と共謀し、2010年11月1日未明、神戸市中央区花隈町の山健組事務所前の路上で手投げ弾を爆発させ、近くの男性宅の外壁や窓ガラスなどを破損させた疑い。

PN2010110101000216.-.-.CI0003

県警は、関容疑者が佐佐木被告らに実行を指示したとみている。

捜査関係者によると、暴力団同士の抗争ではなく、佐佐木被告らと山健組組員との間に個人的なトラブルがあったとみて調べている。

関連記事

 - ❖ヤクザニュース❖