【抗争】道仁会 末松大輔被告に懲役12年判決


❖ヤクザニュース❖
2016/2/3

2014年4月、アパートの一室の押し入れに拳銃10丁と実弾146発、手投げ弾1個を所持していたとして、銃刀法違反(加重所持)などの罪に問われた指定暴力団道仁会系組幹部、末松大輔被告に、懲役12年(求刑・懲役15年)の判決を言い渡した。

道仁会拳銃押収

末松被告は公判で「第三者が所持した」と無罪を主張したが、平塚浩司裁判長は「部屋は末松被告が実質管理しており、末松被告の所持していた」と認定。その上で「所持した拳銃や実弾は多量。抗争が起きれば使用される可能性が高く、近隣住民に多大な恐怖や不安を与える。刑事責任は重大」と述べた。

県警はアパート所有者の同県筑後市久富、無職塩崎清貴容疑者(64)を同幇助容疑などで、広島市西区古江東町、派遣社員二村大地容疑者(31)を犯人隠避容疑などで逮捕しており、更に塩崎容疑者は部屋を提供し、押収後の同10日、博多署に「自分が隠した」と虚偽の申し立てをし、犯人を隠避していた。

道仁会は2013年6月、九州誠道会との抗争終結の宣言書を福岡県警久留米署へ提出しており、特定抗争指定暴力団として2014年6月まで指定されていたが、その期間中に武器の準備をしていたことになる。

関連記事

  • 【修羅の国】ボウガンで殺人未遂 知人男性(19)をボウガンで撃ち殺そうとしたとして、殺人未遂などの疑いで、指定暴力団太州会系組員金沢竜也容疑者(23)=公然わいせつ罪などで服役中=ら男4人を逮捕した。 […]
  • 【修羅の国】工藤会元組員、法廷でロケットランチャー発射宣言 福岡地裁法廷内で、県警の50代の男性警部を脅したとして、暴力行為等処罰法違反の疑いで、福岡市西区の元工藤会傘下八坂組組員、端利幸容疑者(公務執行妨害罪などで公判中)を再逮 […]
  • 【犯罪収益収受】工藤会幹部を逮捕 特定危険指定暴力団工藤會の関係者で、建設会社役員らがゼネコンから現金約4300万円を脅し取った事件で、福岡県警特別捜査本部は17日、建設会社役員から現金800万円を受け取 […]

 - ❖ヤクザニュース❖