修羅の国 福岡


数々の抗争事件を起こしている九州の暴力団組織、現在福岡県警は工藤会壊滅作戦を展開し、別件逮捕の連続で徹底的に工藤会を的にしており、2016年1月現在県内の暴力団構成員数と準構成員数は前年から130人(約5%)減り、2400人となった。

過去最多だった07年の3750人から8年連続で減少し、特定危険特定危険指定暴力団工藤會は前年同期比60人減の730人。指定暴力団太州会が10人減の210人、福博会が20人減の240人。一方、道仁会は460人、浪川睦会は240人でいずれも10人増えた。

福岡にも山口組勢力があるが、昨年末時点で前年比の約3割に当たる150人減り、90人は、離脱した団体が結成した神戸山口組に移ったとみられている。

45678945685856465

小倉北署に24tトレーラーを突撃させるという事件が勃発、警察とは持ちつ持たれつがヤクザ社会の大前提ですが、福岡のヤクザにはそんな不文律は存在しません。

totsugeki

警察にダンプで突っ込むという描写は映画やマンガで良く見られますが、21世紀になった現在、実際に実行してしまうのは福岡ならではではないでしょうか?

そこで、福岡はなぜ修羅の国と言われているのか、それを紹介したいと思います。

下の暴力団勢力図を見て分かる通り、拳銃の押収数を見ると、実数154で全国2位、人口1万人あたりでは堂々の一位で、福岡の暴力団は拳銃を用意している組事務所の多さが分かります。

福岡 暴力団勢力図

工藤会 浪川睦会 道仁会 太州会 福博会

暴力団勢力

次に福岡県警が発表している注意事項にこのような物があります。

 

福岡県警暴力団

実際に押収された武器

暴力団火器

戦争でも始めるのでしょうか?これが福岡の暴力団の武器なのです。

持っている武器は話題のイスラム国にも引けをとらない物ばかりで、そのうち火炎放射器なんかも用意するのではないかと福岡県民は気が気では無いでしょう。

現在関東の暴力団組員は、一見それとは分からないような服装をしているものですが、私が中洲にいった時に見た現地の暴力団組員は瞬時にそれと分かる昭和のヤクザ、それが色濃く残るのが福岡です。

こういうところも修羅の国ならではなのかもしれませんね。

修羅の民兵

▶次の暴力団事務所

関連記事

  • capture 2016-01-21 19.28.21大江戸一家 ◆大江戸一家系譜 初 代 – 二代目 – 三代目 − 黒田 龍一郎 四代目 − 山口久美子(未定) ◆大江戸一家三代目組織図 組 長 – 黒田 […]
  • thai2海外ヤクザのアジト 近年、暴力団の資金調達も海外へと目を向けられていると言われていて、拠点を海外に移している暴力団も多くいるそうです。 最近、タイ王国で暴力団の組事務所があるのではないかと […]
  • 21X-JAPAN YOSHIKI組長のアパート XJAPANのYOSHIKIが立ち上げたインディーズレーベルと言えばEXTASY […]

 - 番外編