【詐欺】浪川会幹部 梅木一馬村上一家総長を逮捕

更新情報
2016年12月4日
NEW! 馬橋一家(住吉会)
2016年12月4日
NEW! 丸唐会(住吉会)
2016年12月4日
NEW! 福中総業(住吉会)
2016年12月4日
NEW! 沼澤会(住吉会)
2016年12月4日
NEW! 領家一家(住吉会)
2016年12月4日
NEW! 大日本興行(住吉会)
2016年12月4日
NEW! 後藤組
2016年12月4日
NEW! 忠成会
2016年12月4日
NEW! 三代目竹中組
2016年12月4日
NEW! 一和会本部
2016年12月4日
NEW! 難波安組(山口組)

❖ヤクザニュース❖
2016/3/15

福岡県警は14日までに、暴力団浪川会幹部で、傘下の村上一家総長、梅木一馬容疑者ら2人を暴力団組員らが利用する意図を隠し、銀行口座を開設したとして詐欺容疑で逮捕した。

口座詐欺

梅木容疑者は養子縁組した服役中の傘下組織幹部の妻、里美容疑者と共謀し、夫の代理人として里美容疑者が口座を開設した疑い。

組織の資金管理に口座を使っていたとみて、事務所など数カ所を詐欺容疑で家宅捜索し、携帯電話など約100点を押収。容疑の裏付けを進め、金の流れなどを調べる。

 

暴力団関係者が金融機関で口座を開設することは法律で禁じられておらず、口座を開設すること自体が犯罪行為では無い。

しかし、暴力団排除の機運の高まりを受けて、全銀協は契約書に「反社会勢力とは取引しない」とする暴排条項を設けており、暴力団構成員であることを隠して銀行口座を開設した場合は、虚偽記入と判断され詐欺罪が適応される。

しかし、この事例は被害者が誰もいない所謂形式犯であり、起訴される事は稀。起訴されたとしても、無罪が確定している被告もいる。

この様な「逮捕のための逮捕」を警察は展開し、暴力団壊滅だと声を上げているが、真にそれをするのであれば、この様な嫌がらせ逮捕ではなく、実際に関わっている犯罪に対しての捜査が必要だろう。

関連記事

 - ❖ヤクザニュース❖