工藤会総本部・組織図 2019【最新】

九州地方最大規模の暴力団組織で、極めて好戦的な傾向が指摘されており、強烈な反警察志向、手段としての闘争ではなく闘争行動それ自体に価値を見出す傾向を有することで知られる武闘派ヤクザ。

暴力団追放運動の関係者宅や一般企業に銃撃し、平然と手榴弾を投げ込むなど市民をも攻撃対象とすることからまた悪名高く、関係事案の公判において、工藤会の報復を恐れ、証言者5名のうち4名が証言を拒否するなどの異常事態が起こる。

福岡県庁はこうしたことから「極めて凶悪な組織」と形容し、警察庁も極めて悪質な団体と名指しする。

2014年9月、多くの民間人や企業襲撃事件に関与した疑いがあると見て、全国唯一の特定危険指定暴力団工藤会に対し頂上作戦を開始。工藤会執行部から末端組員まで逮捕者が多数出ている。

2016年1月
構成員と準構成員の数が前年同期比60人減の730人となる。

壊滅作戦後、福岡県警に被害を訴える業者が増え、みかじめ料に絡む摘発は2016年度は前年比7倍超の15件に上る。

2017年12月

北九州市は固定資産税滞納を理由に工藤会総本部の差し押さえた

◆工藤會系譜
初 代 – 工藤玄治
二代目 – 草野高明
三代目 – 溝下秀男(極政会会長)
四代目 – 野村 悟(三代目田中組組長・五代目工藤會総裁)
五代目 – 田上文雄(四代目田中組組長)
◆五代目工藤會組織図
総 裁 – 野村 悟
会 長 – 田上文雄
◆執行部
会長代行 – 本田三秀(本田組組長)
理事長 – 菊池啓吾(五代目田中組組長)
総本部長 – 石田正雄(石田組組長)
理事長代行 – 木村 博(二代目津川組組長)
渉外委員長 – 篭縞武志(篭縞組組長)
総務委員長 – 山中政吉(山中 (政 )組組長)
事務局長 – 田中十四春(田中 (十 )組組長)
理事長補佐 – 山下義徳(山下組組長)
理事長補佐 – 瓜田 太(瓜田組組長)
理事長補佐 – 緒方哲徳(緒方 (哲 )組組長)
理事長補佐 – 木原 浩(木原組組長)
◆顧問・相談役
最高顧問 – 林 武男
顧 問 – 添島弘之(添島組組長)
常任相談役 – 永田雅登(永田組組長)
常任相談役 – 中島直人(中島組組長)
常任相談役 – 玉井金芳(玉井組組長)
常任相談役 – 緒方紀年(緒方 (紀 )組組長)
常任相談役 – 奥平政義(三代目土谷組組長)
常任相談役 – 松本光将(松本組組長)
常任相談役 – 林 政美(林 (政 )組組長)
常任相談役 – 山本和義(二代目矢坂組組長)
常任相談役 – 西田明吉(西田組組長)
常任相談役 – 山本峰貢(山本組組長)
常任相談役 – 今田雄二(三代目極政組組長)
常任相談役 – 長谷川泰三(長谷川組組長)
◆幹部
総裁秘書・事務室長 – 木村政勝(木政組組長)
総裁付 – 白石 孝(白石組組長)
総裁付 – 大原康昭(大原組組長 )
総裁付 – 久保 恵(久保組組長 )
総裁付 – 丸本竜治(丸本組組長)
総裁付 – 船田茂樹(二代目木下組組長)
◆直若
上高謙一(上高組組長)
伊崎年春(伊崎組組長)
上殿和美(上殿組組長)
反田信政(反田組組長)
林 孝章(五代目林組組長)
吉原聖吉(吉原組組長)
高倉廣美(三代目新居組組長)
高野基司(高野組組長)
倉山美智男(倉山組組長)
藤岡勝幸(二代目常雪組組長)
早田高広(早田組組長)
三明和夫(三明組組長)
武本友裕(武本組組長)
藤目康明(藤目組組長)
新屋 実(新屋組組長)
川谷隆雄(川谷組組長)
池田一男(池田組組長)
福山幸一(福山組組長)
次谷修一(次谷組組長)
小川幸司(小川組組長)
小松明弘(小松組組長)

 

工藤会総本家

▶工藤会本家

旧総本部住所 福岡県北九州市小倉北区神岳1-1-12

 

工藤會事務所

遠目には、普通のビルですが雰囲気がヤバイですね。

 

工藤會総本部

ジュラルミン製の扉でしょうか?堅牢さが半端ないですね。
注意書きに「建物の立入りを堅く禁止します。」とありますが、絶対に入りたくありません。

 

工藤會事務所使用禁止

現在は事務所使用制限命令の張り紙が貼られています。

 

8あ321

暴力団が刑法を語るのもちょっと妙な気分になります。

 

内部はどの様になっているのでしょうか?

工藤会本部

KUDOUKAIKANと英語表記されていますね。

 

工藤会本部

黒塗りベンツが似合いすぎています。

 

工藤会本部

統制が取れている様子が伺えますね。

 

工藤会本部

在りし日の工藤会総本部でした