工藤会野村総裁に求刑通り死刑判決、裁判長に脅しも

2021/8/24

特定危険指定暴力団工藤会が関与したとされる襲撃事件で、殺人や組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)に問われた野村悟工藤会総裁と田上不美夫会長の両被告の判決公判が午前10時、福岡地裁で始まり、判決内容が書かれている主文言い渡しは後回しとなった。

検察は野村被告に死刑、田上被告には無期懲役と罰金2000万円を求刑していたが、指定暴力団トップの死刑求刑は初で判決に注目が集まった。

判決は野村被告に求刑通り死刑が言い渡され、田上被告も求刑通り無期懲役が言い渡された。

死刑判決を言い渡された野村被告は「公正な判断をお願いしたんだけど、全部追認、追認。こんな裁判あるんか?あんた生涯この事を後悔するよ」と足立勉裁判長に向かって発言した。

田上被告も「ひどいな、あんた足立さん」と発言し、裁判長に対して牽制した。