七代目松葉会総本部

2018/8/24

2018/2/15

2018/1/25

構成員は約1400人。その勢力範囲は関東以北の1都1道8県に及び、構成員組員約1500名、準構成員は約600名。

2014年3月38日、松葉会にて六代目会長・荻野義朗が総裁に就任し、伊藤芳将が七代目会長に就任した。
その際に伊藤七代目会長就任を認めない小島一家や増田組など反主流派が反発し盃を受けなかった。
松葉会は反主流派の羽成仙吉の絶縁状、相原 禅・佐藤洋一郎・金木和也の破門状、渡辺博昭・大塩眞治の引退通知を「松葉会総本部」名義で出した。

2014年4月5日、松葉会総裁である荻野義朗承認の下、反主流派により、関根 賢を初代とする松葉会関根組の結成式が執り行われ、小島一家五代目総長・ 大塚成晃が二代目組長に就任した。

総本部住所 東京都台東区西浅草2-9-8

capturetwtwtw

シックなベージュのビルですね。

 

capture 1rererere

しかし何でしょうか、防犯カメラが巨大です。防犯カメラは見張るためだけではなく、「お前を見ている。」という威圧感が必要なんですね。

 

松葉会総本部

外からは内部を見ることは絶対に出来ないようにしているんですね。今でも自民党議員と親交があるのでしょうか?

続いて、松葉会会館にも行ってみましょう。

旧松葉会会館:現守谷市民交流館 茨城県守谷市大木1095

松葉会館

田園の中に異様な建物があります。

 

松葉会館

裏口はこの様になっています。


松葉会館

これは周囲の景色から完全に浮いています。

 

松葉会館

かなり大きな門ですね。

 

松葉会館

松葉会会館間取り

現在住民の反対運動で係争中ですが、市が約1億3千万円を支払うことで和解し、松葉会会館を取得。

2018年4月1日、守谷市が買い取って改修した松葉会会館は守谷市民交流館が開館した。愛称はモリヤガーレ。