【抗争再開】神戸山口組系池田組 高木昇(高木忠)若頭が射殺される


❖ヤクザニュース❖
2016/5/31

31日午前9時50分ごろ、岡山市南区豊成2丁目のマンション駐車場で、通行人から「男性が倒れている」と110番通報があった。男性はこのマンションに住む指定暴力団神戸山口組池田組若頭で、昇伸会会長の高木忠氏(通称:高木昇)。

池田組高木忠射殺

高木若頭は、何者かに拳銃で撃たれ、胸や腹などに数発を撃たれ、心肺停止状態で病院へ運ばれたが約1時間後に死亡した。

近所の男性によると、午前10時前に銃撃音が3~4回したため外を見ると、直後に現場から走り去ったバイクには黒いフルフェイスのヘルメットをかぶった人物が、バイクを停め白いシャツを脱いで走り去る様子を住民が目撃しており、警察は付近の防犯カメラの映像を分析するなどして捜査を進めている。

バイクは黒のスクーターで、乗っていた人物は、ひざ丈までのズボンをはき、現場から50メートルほど運転したあとバイクを止めて白いシャツを脱ぎ、水色のノースリーブのシャツ姿で走り去った。

六代目山口組神戸山口組の幹部は伊勢志摩サミット終了までは騒動を起こさない様、傘下組織に指示していたが、サミット終了わずか数日でのこの事件で、さらに報復合戦の可能性が高まっている。

山口組分裂後、同じ岡山市に拠点を置く山口組2次団体の大石組から組員らが大量に神戸山口組側に移り、両組織の間で小競り合いが起きていた。

 

【動画】 高木昇(高木忠)池田組若頭射殺犯の映像

高木忠池田組若頭襲撃犯

関連記事

 - ❖ヤクザニュース❖