【巨額詐欺事件】テキシアジャパン詐欺事件関連先として野内組を家宅捜索

2019/2/22

愛知、岡山両県警は22日、投資関連会社「テキシアジャパンホールディングス」の実質的経営者 銅子 どうこ 正人容疑者ら10人が逮捕された詐欺事件で指定暴力団六代目山口組弘道会傘下野内組を関係先として家宅捜索した。

テキシアは資金の出資者に資金の勧誘実績に応じて「ディレクター」、「マネジャー」などの階層を設け、集まった資金から配当を続けながら、配当を信じさせて、さらに資金を集めるという構造のもので自転車操業で17年9月ごろから配当が滞り始め、同年冬には破綻状態だった月利3%という無理な配当を出すとして全国約1万3000人から460億円もの金を集めた詐欺事件。逮捕されたのは以下の10人。

銅子正人容疑者(41
穂積一志容疑者(56
石丸忠志容疑者(57
沢幡信吾容疑者(48
安達慶三容疑者(58)
安達妻淑恵容疑者(45)
中村外喜治容疑者(66)
三好輝尚容疑者(60)
井上良一容疑者(65)
依光幹夫容疑者(75

逮捕された中村外喜治容疑者が指定暴力団六代目山口組弘道会傘下野内組幹部との事から関連先として家宅捜索された。