六代目山口組高山清司若頭が府中刑務所を出所【抗争の行方は】

2019/10/18

18日早朝、高山清司六代目山口組若頭が東京の府中刑務所を出所した。

迎えの組員の車で午前7時にJR品川駅に到着し、午前7時17分発の新幹線で名古屋方面へ向かった。

高山若頭は、黒いジャンパーに野球帽をかぶり、杖をついており、約30人の報道陣が待ち受ける中、組員らとホームに移動。グリーン車に乗り込んだ。

Screenshot 2019-10-18 at 12.48.02

Screenshot 2019-10-18 at 12.46.53

高山若頭は当初、六代目山口組総本部がある神戸市に向かうとみられていたが、今月10日に同市で発生した発砲事件を受け、総本部を含む主要事務所に使用制限の仮命令が出されている。

このため、名古屋駅で下車し、篠田建市六代目山口組組長と面会後、三重県内の自宅に向かうとみられている。