なまこ密漁 中岡組組員の真鍋吉郎容疑者を逮捕

2020/5/29

広島県警は29日、広島・福山市沖でナマコを密漁したとして、指定暴力団浅野組中岡組組員、真鍋吉郎容疑者を逮捕した。

逮捕容疑は真鍋容疑者は、ことし1月16日、福山市鋼管町沖で漁業者ら4人と共謀し、船舶や潜水器具を使ってナマコを密漁した漁業関係法令違反容疑。

福山市の漁業者ら8人が逮捕されていて、その捜査の過程で密漁グループのリーダーとして真鍋容疑者が浮上し逮捕に至った。

なまこは高価であるが、日本国内での需要が少ないため、中国等への転売目的で買い取る業者が多く、暴力団の資金源となるケースが多く見られる

中岡容疑者らはこれまで、なまこの密漁で2200万円を売り上げたと見られており、その金が暴力団に渡ったと見て、警察は中岡組本部事務所などを家宅捜索した。