富永清旭琉會会長が逝去【速報】

2019/7/12

沖縄県に本拠を置く指定暴力団旭琉會の富永清会長が12日、病気のため北中城村の病院で逝去したことが分かった。

富永会長は10年ほど前から入退院を繰り返しており、病気のため搬送された北中城村内の病院で容態が悪化し死去した。享年73

富永清会長

富永清の生涯

富永会長は旭琉会の主導権争いから1990年に沖縄旭琉会を発足し離脱、両組織の熾烈な抗争に突入。この年だけで無関係の市民を含む6名の死者と12名の負傷者を発生させた。

92年に暴力団対策法の施行により、旭琉会・沖縄旭琉会の両組織を指定暴力団となった。

警察は両組織に対し抗争終結が宣言されはしたものの、そのまま2つの旭琉会がある事態が続き、一触即発の冷戦状態が以後20年余にわたって継続することとなる。

2010年、翁長旭琉会会長の引退と共に、三代目体制下で理事長を務めた花城松一が同会の四代目を襲名する。

この代替わりの儀に際しての四代目花城会長の後見人となったのは富永清沖縄旭琉会の会長だった。

2011年の暮れ、ついに両組織の一本化が正式決定、沖縄旭琉会に吸収合併する形を取り旭琉會が発足、

主権を争って内部で対立していた他のグループとの一本化を主導し2011年に現在の旭琉會を発足、初代会長新体制となる。

9784344421905