山川一家と幸平一家が抗争状態 死者が出る事態に

2020/12/6

5日午後11時25分ごろ、横浜市港北区の高田中央病院の職員から「病院の前で人が倒れている」と110番通報があり、別の病院に搬送されたが約1時間後に死亡が確認された。

死亡していた男性は住吉会系の暴力団に所属する日比野翔組員(26)で、病院正面入り口付近の屋外に倒れており、暴行でできたとみられる傷が体中にあった。

日比野組員は発見時、複数の刺したり切ったりしたような傷があった

4日頃、指定暴力団住吉会幸平一家傘下聡仁組組員が、指定暴力団稲川会山川一家傘下水野組組員男性を刃物で刺し、これを機に両組織が抗争状態となった。

幸平一家系組織組員と山川一家系組織組員とで互いの組員を連れ去っており、死亡した男性も抗争に巻き込まれた可能性が高い。

両組織組員は抗争の待機状態となっており、この先さらなる抗争事件が勃発する可能性がある。