【官報公示】関東関根組を全国24番目の指定暴力団に

 

2018/4/26

茨城県公安委員会は25日、指定暴力団松葉会から分裂した関東関根組を、暴力団対策法に基づく指定暴力団として官報で公示した。

指定暴力団としては、任侠山口組に次ぐ全国で24番目。勢力は宮城や千葉など1都1道3県。構成員は約160人。

2014年4月5日、松葉会総裁である荻野義朗承認の下、反主流派により、関根 賢を初代とする松葉会関根組の結成式が執り行われ、小島一家五代目総長・ 大塚成晃が二代目組長に就任した。

2017年4月、松葉会と和解が成立し、名称から「松葉会」を外し、代紋を使わない事により、松葉会から承認。名称を松葉会関根組から関東関根組とし独立団体となっていた。