前原順一木村會幹部が銃撃され重体

2020/8/16

山口県岩国市の住宅街で特定抗争指定暴力団神戸山口組木村會幹部で、二代目喜竜會會長の前原順一氏が何者かに拳銃で撃たれ重症を負った。

午後9時15分ごろ、岩国市装束町4丁目で「家族が拳銃で撃たれた、早く来て」と前原幹部と同居する女性の家族から110番通報があり、警察と消防が駆けつけたところ、自宅敷地前で前原幹部が倒れており市内の病院に救急搬送された。

前原幹部は拳銃のようなもので左腕と右足を2発撃たれたということで、動脈損傷や骨折などの重傷を負っているが、命に別条はない。

犯人は山口組を名乗り銃を発射したとの一部情報もあり、抗争事件と個人間のトラブルと合わせ、殺人未遂事件として捜査を続ける方針。