【挨拶料】三代目古川組総裁 古川恵一容疑者を逮捕

 

2017/10/23

兵庫県警尼崎南署は23日、飲食店員にあいさつ(みかじめ)料を求めたとして、指定暴力団神戸山口組系三代目古川組最高幹部の古川恵一容疑者(57)と、茨城県古河市の自称、会社役員、朴泰植容疑者(60)を逮捕した。

 ヤクザニュース・暴力団事件速報2017/4/30指定暴力団神戸山口組を離脱すると見られている複数団体が、旗揚げ式に参加する為、兵庫県尼崎市東難波町にある二代目古川組本部事務所に集ま...

逮捕容疑

逮捕容疑は、古川容疑者らは今年5月ごろ共謀し阪神尼崎駅周辺の歓楽街「神田新道」で男性飲食店員を「誰に金払っとるんや」「店をつぶしてしまうぞ」「白黒はっきりさせてやる」などと脅した暴力行為法違反(集団的脅迫)の疑い。

古川容疑者らは、男性飲食店員が「縄張り」の中で勝手に客引きしたことを理由に脅したとみられている。

古川組では4月以降、神戸山口組の分裂騒動に伴い、一部組員が暴力団任侠山口組に移るなどして勢力が二分した。古川容疑者は騒動前まで組長を務めていたという。最近になって神田新道を古川容疑者らが回っているとの情報があり、同署はあいさつ料などの資金源を任侠山口組に奪われないよう警戒を強めていたとみて調べている。