【代理訴訟】神戸山口組総本部を閉鎖、使用差し止め前に対応

 

2017/10/30

公益財団法人暴力団追放兵庫県民センターが住民の代理として、指定暴力団神戸山口組本部事務所の使用差し止めを求める仮処分を神戸地裁にに申し立てているが、25日までに、神戸山口組側が総本部事務所を閉鎖したとみられている。

【代理訴訟】神戸山口組本部事務所を使用禁止へ
 ヤクザニュース・暴力団事件速報2017/10/2公益財団法人暴力団追放兵庫県民センターが2日、指定暴力団神戸山口組本部事務所の使用差し止めを求める仮処分を神戸地裁に申し立てた。代理...

同事務所は俠友会の本部として使用されていたが、平成27年8月末の山口組分裂で俠友会神戸山口組の傘下に移って以降、約2年間にわたり神戸山口組の総本部として使用されていた。

総本部では、全国の直系組長らが集まる定例会が毎月1回開かれており、地元住民の平穏な生活を脅かしているとして、公益財団法人暴力団追放兵庫県民センターが今月2日、住民に代わり、同事務所の使用禁止を求める仮処分を神戸地裁に申し立てていた。

 

今後は神戸市中央区の神戸事務所や、別の傘下組織の事務所に本部が移転し定例会が開かれる可能性があり、警察当局が確認を急いでいる。