小桜一家総長の平岡喜榮容疑者を逮捕【偽名でゴルフ】

2019/6/25

熊本県警東警察署は24日、熊本県内のゴルフ場で偽名を使ってプレーしたとして、指定暴力団四代目小桜一家総長、平岡喜榮容疑者と知人の福永眞理子容疑者を逮捕・送検した。

平岡喜榮

逮捕容疑は、去年10月から12月にかけて3ヶ所の熊本県内のゴルフ場で、「福永」と偽名を使って福永容疑者の家族を装いプレーしていた有印私文書偽造容疑。

平岡容疑者はゴルフバッグの名札にも偽名を使っていて、ゴルフ場によっては10年近く、同じ偽名で利用していた。

調べに対し平岡容疑者は、「暴力団はゴルフができないので嘘の名前を使った」と容疑を認めている。

熊本県内のゴルフ場は、2012年に暴力団関係者にはプレーさせないとする決議文を出している。