熊本女性殺害事件で奈須幸則元大門会会長が自殺

2021/2/16

12日午前7時50分ごろ、熊本県八代市宮地町のアパート玄関前で複数の刺し傷がある職業不詳の平田久美子さん(41)が見つかり死亡した殺人事件で、事件2日後の14日午前10時過ぎ、同市妙見町の山中の遊歩道で、男性が首をつって死んでいるのが見つかった。自殺とみられる。

死亡男性は特定抗争指定暴力団神戸山口組大門会傘下奈須一家の初代総長で、三代目大門会会長の奈須幸則とみられている。

奈須前会長は平田さんが働く店で知り合い、その後何度もつきまとう行為をしており、平田さんは警察に相談していた。

ストーキングから殺人に至るケースが問題になっており、ストーカー規制法を盾に警察は被害者の生命を守る事ができたのにも関わらずまた被害者を出す結果となった。

タイトルとURLをコピーしました