向後睦会鈴木修一容疑者を逮捕【上納金利益分配】

2022/7/13

警視庁暴力団対策課は上納金を受け取ったとして、指定暴力団住吉会向後睦会傘下鈴木組組長、鈴木修一容疑者(74)を逮捕した。

逮捕容疑は、平成31年~令和元年、住吉会系組幹部の男らがみかじめ料名目で脅し取った金を含む現金約90万円を上納金名目で受け取ったとされる犯罪収益移転防止法違反容疑。

鈴木容疑者は住吉会の金庫番とみられており、住吉会幹部らにも犯罪収益が流れていたという。暴力団対策課は、鈴木容疑者の逮捕が暴力団の資金源獲得や上納システムの実態解明に着手した。

5月31日には関功代表が逝去したため、警察が組織の全容を再調査する目的もあると言われている。