【証拠隠匿】歌舞伎町組事務所発砲事件で幸平一家幹部の入里林一容疑者を逮捕

2019/2/7

警視庁組織犯罪対策4課は6日、証拠品の実弾を隠蔽のために持ち去ったとして、指定暴力団住吉会幸平一家幹部で傘下幸友会会長、 入里林一 いりざとりんいち 容疑者ら同組系幹部と組員ら7人を逮捕した。

逮捕容疑は昨年12月、東京都新宿区歌舞伎町のビル4階に入居する住吉会幸平一家・幸友会傘下伊勢組事務所のドアに銃弾が撃ち込まれる事件が発生、現場に残された証拠品の実弾を隠蔽のために持ち去った証拠隠滅などの疑い。

警視庁は住吉会系組織側がトラブルとなっている系組織との抗争を隠すため事件を隠蔽したとみており、稲川会系組織が事件に関与していると見て捜査を継続する。