【タクシー闇金】住吉会系家根弥一家幹部 大野桂一容疑者を逮捕

2019/3/15

警視庁は15日、タクシー運転手向けに法定金利を超える金額で貸し付けを行ういわゆる闇金融を行ったとして、指定暴力団住吉会系家根弥一家幹部の大野桂一容疑者を逮捕した。

逮捕容疑は東京・台東区の路上において、駐車したタクシーの中で、運転手の30代の男性に法定金利2倍以上を超える現金5万円を貸し付け、違法に利息2万5000円を受け取った出資法違反容疑。

大野容疑者はドライブレコーダーに証拠が残らないようエンジンを切らせ、車内で現金を貸し付けていた。

タクシー運転手の間では大野容疑者の連絡先が口コミで広まっており、警視庁は余罪が更にあるとみて捜査を進める方針。