【抗争継続か】北村組組長宅に軽トラ特攻で杉原隆行、左二三代両容疑者を逮捕

2019/5/15

大阪府警捜査4課は14日、指定暴力団六代目山口組弘道会傘下野内組配下の北村組西川純史組長の自宅に、軽自動車を突っ込ませ壁などを壊したとして、住居不詳の研磨工、杉原隆行容疑者(53)と大阪市平野区加美北の飲食店店員で韓国籍の左二三代 チャ・イサムデ 容疑者(52)を建造物損壊の疑いで逮捕した。

Screenshot 2019-05-15 at 00.03.08

逮捕容疑は今年2月、大阪市生野区生野東の指定暴力団六代目山口組弘道会傘下野内組配下の北村組西川純史組長の自宅に、軽の保冷車をバックで突っ込み、壁や玄関のドアを壊した建造物損壊容疑。

保冷車は盗難車で、現場付近の防犯カメラの映像から、杉原容疑者らが犯行後、別の車で現場から逃走していたとしている。

今年4月、指定暴力団神戸山口組山健組傘下與組組長の與則和組長が北村組の組員、松田隆光こと呉 光弘容疑者、北川幸弘こと堀田幸弘容疑者に刺され重症を負っており、両容疑者はレンタカーで逃走したが、およそ1時間後に近隣の灘署に出頭。車内から凶器とみられる刃渡り21センチの包丁が見つかっている。

警察は両容疑者と與組との関連がないか捜査を続ける方針。