【詐欺容疑】道場運営費を騙し取る。佃政一家幹部の高村努容疑者を逮捕

2019/5/15

警視庁は14日、暴力団組員であることを隠し、銀行から1000万円の融資を受け取ったとして、指定暴力団稲川会佃政一家幹部、高村努容疑者を逮捕した。

高村努

逮捕容疑は、7年前に川崎市内の銀行から自身が運営する空手道場の運転資金として1000万円の融資を受けた。銀行では規約で反社会性力に属している場合融資を受けられない規約となっていた為、身分を偽って契約した詐欺容疑。

だまし取った金は150万円しか返済されていなかった。

東京地検は3日、不起訴処分とした。