中村豪箱屋一家総長宅が銃撃される【松戸発砲事件】

2020/11/18

18日午前3時35分ごろ、千葉県松戸市胡録台356番地-11にあるマンションの近隣住民から「5、6回パンパンという音がした」と110番通報があった。

駆け付けた松戸署員がマンション一室のドアに銃弾が撃ち込まれたような痕跡を複数見つけたが、怪我人はいなかった。松戸署は発砲事件とみて捜査、容疑者の行方を追っている。

事件があったマンションは中村豪箱屋一家総長が居住している。

中村組長は稲川会より破門されており、縄張りを巡って稲川会とトラブルを幾度となく起こしている。

2017年に指定暴力団稲川会田中一家の暴力団関係者、秋田昇大草一家総長が中村組長を襲撃し逮捕されており、中村組長の自宅は警察の保護対象となっていたが最近解除されたばかり。

警察は稲川会との抗争事件として犯人の行方を追い、捜査を続ける方針。