【実態解明】半グレの関係先として兼一会を家宅捜索

2017/9/19

大阪府警は19日、半グレグループの07(アウトセブン)の相良正幸容疑者(33)や梶蓮容疑者(26)が傷害容疑で逮捕されている事件で、両容疑者の関連先として、指定暴力団神戸山口組山健組傘下兼一会本部事務所を家宅捜索した。

 

捜索を受けたのは、大阪府大阪市中央区島之内2-7-27にある指定暴力団神戸山口組山健組傘下兼一会本部事務所。

去年7月、大阪・ミナミの路上で通行トラブルになった男性2人を殴って大けがをさせたとして、相良正幸容疑者(33)や梶蓮容疑者(26)が傷害の疑いで逮捕されている事件の関連先としての家宅捜索。

事件は去年7月の未明、大阪市中央区東心斎橋の路上を男2人と歩いていた際、正面から来た乗用車とトラブルになり、車から降りてきた男性2人の顔面を殴るなどし、1人に頭蓋骨骨折の重傷、もう1人に打撲のけがなどをさせた傷害の疑い。

相良容疑者はアマチュア格闘技団体強者(解散)の元格闘家で、現在、元メンバーで構成される半グレ集団の07(アウトセブン)のリーダー格。

兼一会が警察からの摘発を逃れるため、半グレグループを使って飲食店等からみかじめ料を脅し取っていた可能性があるとみて、実態解明を進める方針。