【用心棒代】南正毅高山組組長、六車武士幹部を愛知県条例違反容疑で逮捕

 
2018/7/28

愛知県警捜査4課や中川署などは28日、風俗店から用心棒代を受け取ったとして、指定暴力団六代目山口組弘道会幹部で、傘下高山組組長の篠田正樹(通称: 南 正毅)同組幹部の六車武士の両容疑者を県暴力団排除条例違反の疑いで、逮捕した。

逮捕容疑は、篠田容疑者は高山組組員の六車武士容疑者と共謀し、今年1~2月、名古屋市中区錦3など栄地区の店舗型風俗店の実質経営者から計200万円を用心棒代として受け取った県暴力排除条例違反容疑。

同課は篠田容疑者が2014年ごろから、計4000万円以上の用心棒代を受け取っていたとみて調べており、名古屋市の栄地区、名古屋駅西地区、同県豊橋市の一部を「特別区域」に指定し、用心棒代を受け取った暴力団側も、支払った店側も1年以下の懲役か50万円以下の罰金を科すと定めている。