【1日100万円】神戸山口組総本部の執行抗告を棄却

2018/10/1

神戸地裁が昨年10月、指定暴力団神戸山口組と直系団体が兵庫県淡路市の本部事務所を使うことを仮処分で禁止していたが、神戸山口組組員が頻繁に出入りを繰り返していた為、7月11日付で間接強制の効力が発生していた。

これを不服として神戸山口組側が申し立てていた執行抗告を、大阪高裁が棄却した。

神戸山口組総本部

この間接強制では組員などの出入り等が認められた場合、1日100万円の制裁金が課せられることとなる。

使用されていた総本部は直系団体俠友会が使用していたが、2015年の六台目山口組からの離脱時より神戸山口組の本部事務所として使用されていた。