【ローン詐欺】誠友会幹部、宮井静夫容疑者を再逮捕

2018/7/18

北海道警八雲警察署は18日、東京都渋谷区の信販会社のローンを組んだ際、申込用紙に勤務先や年収、勤続年数など虚偽の記載をし申し込みをしたとして、指定暴力団六代目山口組誠友会幹部宮井静夫容疑者(54)を詐欺容疑で逮捕した。

逮捕容疑は、昨年2月、札幌市中央区の時計店で、スイス製の高級腕時計1点を購入するため、信販会社のローンを申し込み、記載事項に虚偽の記載をし、176万円を騙し取った疑い。

宮井容疑者は、無登録で貸金業を営み、知人男性におよそ86万円を貸し付け、他人名義の口座に利息を含め512万円を入金させた疑いで逮捕されている。