山口組

六代目山口組総本部

更新日:

 

❖ヤクザニュース❖
2017/8/17

【生活保護不正受給】一会傘下組織組員 田島龍宙こと水嶋龍宙容疑者を逮捕



2017/7/31

【生活保護費不正受給】吉川組組員 井上茂雄容疑者を逮捕

 

2017/7/25

【殺すぞ】道友会内東組組員 荻原瞬容疑者を逮捕

荻原瞬容疑者

 

 

山口組は100年前の大正4年に神戸で結成され、初代組長山口春吉は神戸で港湾労働者の元締をしていた。そこから現在の日本一の構成員数の暴力団組織にしたのは、三代目の田岡一雄組長である。

田岡一雄
田岡一雄三代目山口組組長

 

組員を三十数人から1万人超まで増やし、シノギをこれまでの港湾労働者の元締めから飲食店経営、歓楽街の用心棒、不動産業、金融業、芸能まで全国で手広く事業を行う。
これは田岡三代目の「やくざも正業を持て」という言葉を実現させる結果となった。

 

2015年山口組分裂騒動

山口組は初代から五代目まで関西出身組長が務めてきており、渡辺芳則五代目組長を輩出した山健組が主流派とされ、その名の通り最大の構成員数を誇ったが、六代目組長には名古屋の弘道会出身である司忍組長が就任。そこから関西の山健組を中心とする派閥と、名古屋の弘道会を中心とする派閥の2大派閥ができる事となる。
そんな中、六代目山口組総本部は、傘下団体から多くの上納金を集めるだけやなく、本部が販売するミネラルウォーターや石鹸、歯ブラシなどの日用品を半ば強制的に購入させ、上納金以外の負担が増えていくこととなる。
そうした弘道会を中心とした執行部のやり方に、山健組を中心とする関西系派閥は不満を募らせ、ついに関西系団体が離脱し、神戸山口組を設立する事態となった。

山口組構成員数

分裂後の山口組は構成員数が44の都道府県で1万4100人と、前の年より9300人少なくなり、神戸山口組側は6100人と増加、全国第三の勢力となった。

顕著に見られるのは、両組織の総本部がある兵庫県で、神戸山口組の構成員数が1160人であるのに対し、山口組の構成員数は270人と大幅に減らし、山口組にとって今や兵庫は飛び地の様相を呈している。

 

 現在の山口組

敵対組織

工藤会 道仁会 旭琉會 東組 神戸山口組

 

2005年7月に渡辺芳則五代目組長が突然引退を表明。16年間に渡った五代目体制が終わり、若頭の役にあった司忍が襲名し、六代目体制が発足し現在に至っている。

2016年3月、全国各地で神戸山口組系団体との衝突が繰り返され、警察庁が7日に対立抗争状態と認定して、全国の警察に厳重警戒を指示したが、その後も組事務所への発砲、車での突入、組員同士の暴行事件が収まる事はなく、兵庫県公安委員会は六代目山口組・神戸山口組を特定抗争指定暴力団への指定を急いでいる。

山形、広島、沖縄三県を除く一都一道二府四十県に14000人(準構成員を含む)の勢力を展開し、分裂後も日本最大の広域暴力団である。

 

◆山口組系譜
初 代 – 山口春吉
二代目 – 山口 登
三代目 – 田岡一雄
四代目 – 竹中正久(竹中組組長)
五代目 – 渡辺芳則(二代目山健組組長)
六代目 – 司 忍(弘田組組長)

◆六代目山口組組織図
組 長 – 司 忍

◆執行部
若 頭 - 高山清司
舎弟頭 - 青山千尋(二代目伊豆組組長)
統括委員長 - 橋本弘文(極心連合会会長)
本部長 - 森尾卯太男(大同会会長)
若頭補佐 - 藤井英治(五代目國粹会会長)
若頭補佐 - 江口健治(二代目健心会会長)
若頭補佐 - 高木康男(六代目清水一家総長)
若頭補佐 - 竹内照明(三代目弘道会会長)
若頭補佐 - 野村 孝(三代目一会会長)
若頭補佐 - 安東美樹(二代目竹中組組長)
若頭補佐 - 津田 力(四代目倉本組組長)

◆舎弟
川合康允(川合組組長)
鈴木一彦(旭導会会長)
青野哲也(七代目一力一家総長)

◆幹部
組織委員長 - 高野永次(三代目織田組組長)
茶谷政雄(茶谷政一家総長)
富田丈夫(國領屋一家総長)
組長付 - 清田健二(十代目瀬戸一家総裁)
組長付 - 薄葉政嘉(十一代目平井一家総裁)
慶弔委員長 - 能塚 恵(三代目一心会会長)
秋良東力(秋良連合会会長)
生野靖道(四代目石井一家総長)

◆若中
良知政志(良知組組長)
北島 虎(二代目杉組組長)
貝本 健(貝本会会長)
事務局長 - 篠原重則(二代目若林組組長)
布川皓二(二代目中西組組長)
田保伸一(二代目昭成会会長)
落合勇治(二代目小西一家総長)
里 照仁(二代目中島組組長)
田中三次(三代目稲葉一家総長)
清水 武(二代目岸本組組長)
田堀 寛(二代目名神会会長)
塚本修正(藤友会会長)
一ノ宮敏彰(一道会会長)
高山誠賢(淡海一家総長)
山嵜昌之(三代目益田組組長)
浜田重正(二代目浜尾組組長)
波入信一(七代目奥州会津角定一家総長)
中山和廣(三代目矢嶋組組長)
佐藤光男(落合金町連合会長)
井上茂樹(二代目大石組組長)
渡部 隆(四代目誠友会会長)
山下 昇(極粋会会長)
平松大睦(二代目源清田会会長)
加藤徹次(六代目豪友会会長)
鈴川驗二(六代目早野会会長)
吉村俊平(四代目吉川組組長)
小林良法(三代目心腹会会長)
高島伸佳(朋友会会長)
森 健司(三代目司興業組長)
杉山志津雄(三代目愛桜会会長)
新井錠士(二代目章友会会長)
金田芳次(二代目大原組組長)

 

総本部住所 兵庫県神戸市灘区篠原本町4-3-1

yamaguchi1

かなり広い敷地ですね。

 

yamaguchi2

延々と柵が張り巡らせてあります。

 

4646464646485

西洋の城のようですね。

 

648632153546

日本最大の広域暴力団総本部前で小学生がピースサイン。シュールです。

 

646845348 ここが駐車場に繋がる門です。定例会では各直系組長はここから入ります。

 

山口組総本部

当番の方も大変です

 

山口組総本部

この日は会合があったのでしょうか

 

総本部内部総本部の内部はこの様になっているようです。

 

山口組総本部内部

映画と監視カメラの画面と週刊誌を見なくてはいけませんので結構大変そうです。


山口組ハロウィンパーティー

ハロウィンの時は一般に開放されることで有名ですね。

 

780456

平和な光景です。

 

山口組監視小屋

兵庫県警が総本部の対面に、特別警戒所を作ったのですが、ここに24時間張り付くのでしょうか。

 

特別警戒所

改装したとはいえ、総本部と比べると雲泥の差。警戒に当たる警官の悲痛な叫びが聞こえてきそうです。

 

山口組玄関

ここは五代目山口組時代の本家の正面入り口です。ニュース等でよく見ますね。

 

山口組本家

実に立派な門です。

 

-山口組
-

Copyright© 暴力団事務所の所在地と画像 , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.